進化

  • 2020.02.17 Monday
  • 09:33

 

強い者、賢い者が生き残るのではない。

 

変化できる者が生き残るのだ。

 

 

2/17(月)

 

今朝、市場に行ったら 花が 無い


 

先週までは、セリにかかる商品が ↑ の台車に

 

ビッシリ積んであって

 

それを下見して。。。 その量で相場を読む

 

ところが  その花  が   無い。

 

FAJ(フラワーオークションジャパン)さんは

 

セリのやり方を、ガラッと変えました。


 

なんと、実物(現物)は見せず、セリ前に撮影した商品を

 

大画面に映し出してセリを行うのだ。

 

 

 

先週までは

 

このように、セリ人が 商品を 買参人に 見せて

 

 

「はーーい  買って〜」 って威勢よくやっていたのですが

 

 

今週から 「画像のみ」

 

 

花の出来具合が知りたければ、早起きをして

 

荷捌き場に下見をしに行くしかない。

 

 

長年花の仕入れをしていれば

 

産地・生産者名から 品質は想像できるので

 

現物を見なくてもセリには参加できますが

 

 

なんとも寂しい セリ 風景です。

 

 

セリに参加可能な買参人(会社・お店) のパソコン、インターネット普及率は

 

おそらく100%に近いはず

 

 

店の品をセリで仕入れるより、

 

効率のいい時間前取引(相対取引)が主流となり

 

市場側もセリの時間・人件費を考えると セリを止めたい。

 

 

お店に居ながら セリに参加できる 「在宅セリ」での実績から

 

思い切って、無人の写真セリ へと進化したのだろう

 

ネット社会、きめの細かい宅配の普及で

 

市場の必要性が希薄になりつつある昨今

 

他の市場との差別化、暑い時期の品質管理の徹底

 

FAJさんの進化 は 今後生き残るための 変化なのですね。 

 

 

 

しらんけど。 (笑)

 

 

市場側では、基本的にすべての商品の品質チェックを行ってから

 

セリにかけるので、無人 = 品質低下  とはならないはずですので

 

セリで買って来た商品でもご安心ください。

 


 

日本の飴 「京あめ」 見たいで 可愛かったので 買ってみた。

 

アリウムコワニー の 染め (吸わせ) です。

 

こんな染め色になるんだー

 

今度、ノーマルのを 仕入れて来て、染め(吸わせて)みよっと。

 

 

 


どんと焼き

 

お正月に飾っていた門松・竹・注連縄を焼き

 

この火で お持ちを焼いて食べ、無病息災を願う習慣

 

 

わたしの場合、正月用に販売していた(お店を飾っていた)

 

松や竹の売れ残りを キャンプ場や海岸で焼却して

 

その火で 熱燗 + BBQ をして 仕入れの反省会をするのだ。

 

 

2月とは思えない 暖かさですね

 

夜は 焚き火 が 程よく暖かく

 

とても気持ちのいい  どんと焼きでした。

 

しかし、

 

この暖かさは

 

3月の卒業式シーズン・お彼岸に確実に イヤ〜な影響出ますよ

 

チューリップ無い

 

キンセンカ無い     

 

など

 

 

入学式シーズンには 桜も 無いでしょうねー

 

桜は入学式の花   から   卒業式の花  へ  進化? 変化? ですな

 

あー怖い怖い

 

今までの常識を変えた 花 で 生き延びましょう。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

たか

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM